<今年のめあて>しんから あったまろう   
by 雨月
<   2006年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧
| |
|
2006年 08月 31日 | |
あねっち 「あたし、将来、なんになろうかなー。」

まめっち 「まめっちちゃんはねぇ・・・雨を降らせる。」

あねっち 「ああ、じゃあ、カミナリさまになればいいやん。ママから、ツノをもらってさあ。」


んなもん、持っとらんわっ!!!
[PR]
by amemoon | 2006-08-31 01:32 |
2006年 08月 30日 | |
夜、寝るとき。絵本を読み終えて。電気を消して。

まめっち 「ママ、こわい話、しちゃろっか。」

わたし 「いや、いい。」

まめっち 「なんでーっ。」

わたし 「こわいけ。」

まめっち 「こわくないよ。」


どっちやねん!(笑)





最近、保育所の送り迎え中に、必ず雨が降る。どしゃ降り。

まめっち 「雨、好きやけ、いいと。」

おまえのせいかー!(笑)
[PR]
by amemoon | 2006-08-30 10:22 |
2006年 08月 28日 | |
日曜日の夕飯のメニューを、なんにしようかと3人で考えておりました。
と、あねっちの提案。

あねっち 「そうだ。『あ』から順番にいこうや。あ・・・あ・・・あ・・・。」

わたし 「あんこもち。あんパン。」

あねまめ 「・・・・・。」

あねっち 「じゃあ、『い』。い・・・い・・・い・・・。」

まめっち 「いか!」

あねっち 「うーん。じゃあ、『う』。う・・・う・・・う・・・。」

わたし 「うどん。」

まめっち 「さっき(お昼)、食べたっ。」

あねっち 「じゃあ、『え』。え・・・え・・・え・・・。」

まめっち 「えび!」


というわけで、エビフライと、(何故か)いもご飯に決まりました。
まめっち、魚介類ばっかりやしー。あねっち、結局、まともに答えとらんしー。
[PR]
by amemoon | 2006-08-28 14:11 |
2006年 08月 28日 | |
ダンス甲子園を見ていて、つい投票しちゃいましたw

歌ったり踊ったりが好きなあねっちが、興味ありそーに見ていたので、「”T-COMMERCIAL”に入ればいいやん。」と勧めたら

あねっち 「うーん。もうちょっと(学力の?)レベルの高いとこがいい。」











・・・・・・・・・・・・・・・。











おまえは、母(と伯母)を、ナメとんのかっっっ!!!!!
[PR]
by amemoon | 2006-08-28 09:27 |
2006年 08月 27日 | |
電気は30Aになりました♪
給湯器は、やっぱり温度調節ができていないようで、機械が古くて部品がないとかで、一式交換になるらしい。
普通は、レバーをいちばん低く設定してたら、37度くらいのお湯が出るんだって。でも、調節がきいてないから、60度くらいのお湯が出てるって。
まあ、水と調節しながらだと使えないことはないんだけど、やっぱり不便だし、危ない。
ガス屋のおいちゃんは、とても親切で、会社に電話で報告するときも「小さい子どもさんがいるから、火傷とかしちゃうと危ないですからねぇ。」と言ってくださり、帰るときも、あねまめに「お湯を出すとき、気をつけてね。熱いお湯が出て火傷するからね。」と言ってくださった。大村昆に似てたけど(コラ。・・・って、どんだけ古いんや。)

まあ、なんか、いろいろ問題が多い物件ではありますが、がんばります☆

あねっち先生のおことば。

「このマンション、不良品やん。アネハが作ったんやないと?」

また懐かしい名前が出てきたぞ、おい(笑)
[PR]
by amemoon | 2006-08-27 00:36 |
2006年 08月 25日 | |
朝、バスの中から見える高見地区ののぼり(旗)に、「高見親子夏まつり」と書いてあるのを、どうしても「高見恭子夏まつり」と読んでしまい、高見恭子が即席ステージで歌っている姿を想像してしまっていたが、私の脳内高見恭子は、実は高見知佳だったことに今日気がついた雨月です。こんにちわ☆


実家で暮らしているときに、わたし(達)が子どもの頃に持っていた絵本を掘り出して、あねまめに読んでいた。
その中でも「せかいいちのごちそう」は、私がむか~し、読書感想文(というほどのもんではないが)を書いたこともある、懐かしい本。
先日、まめっちから2夜連続で読ませられました。

ところで、この本、文は舟崎克彦さんで、絵は佐々木マキさんの作品だったのねー。
舟崎克彦さんといえば、「もりの○○○やさんシリーズ」に、あねっちがハマって図書館で何冊も借りていたっけ。
佐々木マキさんは、「まじょのかんづめ」を持っている。最近人気の「ぶたのたね」でもおなじみの作家さん。

佐々木マキさんって、名前と絵のイメージから、勝手に「わりと若い女性」の方だと思っていたが、私が子どもの頃から描いておられたのかぁ~と意外に思い、調べてみたら、なんとっ!

1946年生まれ。男性。

とのこと。って60歳?男性??知らなかったよーーーん☆



さて。
新居ですが、ハトネットは補強してもらい、エアコンはついたものの、まだある問題点♪(ヤケ)

・電気が20Aなので、すぐブレーカーが落ちる
  →管理会社に連絡し、許可をもらったので、30Aにアップ予定。だって、同じマンションのKくんちは、30Aだってよっ。管理会社からは、退居時に元に戻せと言われた。めんどく(略

・給湯器の温度調節レバーがあるけど、いちばん低くしてても熱い。壊れてる?
  →管理会社に連絡し、ガス屋さんが来てくれることになった。

・コンセントの穴が、なんだか大きくて、すぐコードがはずれてしまう。危ないやんか。
  →後日、修理予定。

・玄関の新聞受けにネジがついてませーん。がばっとはずれちゃいまーす。
  →後日、修理予定。

・前の人がしまいこんでたであろう、古いオーブントースターを発掘しちゃいました。
  →自分で処分しますよ、もう・・・。

・廊下の電気の笠が、落ちて割れちゃって、裸電球状態なんですけどお(ハトネットの確認に来た管理会社の人が、ベランダの戸を開けたとたん、強風で台所のドアが激しく閉まり、その衝撃で廊下の電気の笠が落ちて割れたのだ。私のせいではない)。
  →そのままよろしくだと・・・。(注文が多すぎたせいか、対応してもらえず。)

・ところで、契約書、まだあ?
  →でき次第送るとのこと。


・・・なんて注文の多い住人だ?いやいや、言うべきことは、言っとかんとね♪(7万円の恨みは大きい)
[PR]
by amemoon | 2006-08-25 16:19 |
2006年 08月 23日 | |
1.なんとか、エアコン取り付けてもらえました。
ああ、払ったさ、工事費用も。
消費生活センターに電話したら、家主と相談せよとのことで、こちらが払ってしまってからでは、家主に払ってもらうのが難しくなるかも知れないから、払う前に相談したほうがいいと言われたんだけど、私としては一刻も早く取り付けてもらいたいので、もう、いいや、と諦めました。
壁に穴を開けていいっていう許可はもらったけどね。(開けんとつけられん。)
退居する身なら、戦ってやろうとも思うけど、入居させていただく身なので(いちおー)、そんなら出てけって言われても困るしねぇ。くそっ。

2.ネットは24日に繋がる予定。

3.4.あねまめの皮膚病も、快方へ向かっております。

5.架空請求ハガキに書かれている電話番号に電話して「裁判って訴えられたほうから取り下げられるんかい?ほーーーう、知らんかった!ばっかじゃねーの!!!!!」って言ってガチャ切りしてやりたい衝動にかられましたが、こらえました(笑)
破り捨ててやったわい。

というわけで、キャンペーンも終わりそうです。えがった。
[PR]
by amemoon | 2006-08-23 14:05 |
2006年 08月 18日 | |
あの~・・・。
ひょっとして、「雨月に嫌がらせしてやろう全国キャンペーン展開中」かなんかですか?

1.お盆休みに引っ越したはいいけど、不動産管理会社と電器屋の陰謀により、エアコンがまだ取り付けられていない。
さらに、その工事費が7万円もかかるという。これ、誰が払うのん?

2.プロバイダとNTTの陰謀により、ネットが繋がらない。

3.まめっち、とびひに悩まされる。

4.あねっち、あせもと皮膚炎に悩まされる。

5.新居の郵便受けにお手紙が♪と思ったら、架空請求ハガキ。(郵便局さん、こんなのまで転送してくれなくていーから。)

細かいことはまだまだあるけど、大きなところでは、そのくらいでしょうか、今のとこ。

台風も来ちゃったね~。こりゃこりゃ。
[PR]
by amemoon | 2006-08-18 11:47 |
2006年 08月 09日 | |
b0062060_14462950.jpgめぐさんから、ヒマワリの花バトンをいただきました。
わーい。バトンを貰ったのは初めて♪
我が家に咲いたヒマワリは、私の背よりも高くなり、大きな花をつけたあと、虫たちに無惨に種を食べられ(涙)、洗濯物を干すのにも邪魔なので(笑)、ばっさり切られましたー。
では、バトンのお答え、いきます。



1、まず、貴方の名前を教えて下さい。

雨月(うづき)です。4月生まれだし(?)
わたしと、あねまめのイニシャルを並べたら「雨」だったので。
この名前にしてから、雨が降っても、まあいいやーと思えるようになったかも。
ちなみに、携帯の着メロは、「雨音はショパンの調べ」と、「雨にぬれても」です☆


2、好きな花を5つ上げて下さい。

b0062060_1222016.jpg【ガーベラ】
ガーベラはわりと昔から好きな花。4年くらい前に買った鉢は、まだなんとか生きていますが、今年は花が小さかったし、あんまり咲かないし・・・(涙)
これは昨年の写真。


b0062060_1224675.jpg【チューリップ】
4月生まれなので、チューリップは好き。かわいいよね。
この、ピンクのフリフリのついたチューリップは、「ハウステンボス」という品種のチューリップ。ハウステンボス原産(笑)

b0062060_123898.jpg【ランタナ】
昨年、あちこちのお花を観察するようになってから、気になり始めたお花。
毎日、少しずつ色が変わってゆく「七変化」というランタナです。
昨年、緑化フェアで買ったランタナちゃん、今、元気に咲いています♪

b0062060_1234428.jpg【サルビア・グアラニティカ】
まめっちは「サルビア」よりも先に「グアラニティカ」を覚えてしまいました(^_^;)
通園途中にある青いお花は、夏が始まる前から咲きはじめ、今でも毎朝、まめっちの目を楽しませてくれています。


b0062060_124886.jpg【ヒガンバナ】
最後は迷ったけど、彼岸花にしてみました。「曼珠沙華」って、なんか、かっこいくない?(謎)
これは、珍しい白い彼岸花。見つけたら、得した気分。


3、その花の似合う色は何ですか?

ガーベラ・・・・・・・・ピンクが好きかも。
チューリップ・・・・・赤。クレヨンでぬりぬり。
ランタナ・・・・・・・・・赤いほうのが好き。
グアラニティカ・・・・青しかないよー。
ヒガンバナ・・・・・・・やっぱ、赤かな。


4、花を一輪ずつ添えて5人の人に渡して下さい。

うーん・・・、どうしましょ。
とりあえず、勝手にミニバトンをあねまめに渡してみましょう~。花を添えるのね。
b0062060_22122850.jpg

あねっちには、【コスモス】を。


b0062060_12414611.jpg

まめっちには、【ナガミヒナゲシ】を。

で、聞いてみました。「いちばん好きなお花は?」
まめっち 「ぐあっ!」
・・・略すなよ(^_^;) グアラニティカだそーです(笑)
あねっち 「えー・・・ない・・・」
そーですか。興味なさそーです。朝起きてすぐだったし、頭が回ってなかったか。
そしたら、夜、アニメを見ていて、画面に映ったお花の絵を見て、いいました。
あねっち 「あ。この花。なんかねぇ?」
わたし 「ヒガンバナじゃない?」
あねっち 「あー、あたし、これが好き。」
へー。そーですかー。↑で私も彼岸花を選んでいたことなんて、あねっちには言ってないのに。
2人とも、私と同じ花を選びました(^^)

というわけで、花バトン、あと3つ残ってますので、欲しい方は言ってくださーい。
かなり自己流になってしまいました・・・☆

長くなったけど、最後まで読んでくれて、ありがとうございましたm(__)m
めぐさんも、ありがとうございましたー♪
[PR]
by amemoon | 2006-08-09 01:55 |
2006年 08月 08日 | |
ね、ねむい☆

というわけで、旅行してきました。
まず、阿蘇の大観峰へ。外輪山って、ほんとに平らな山がぐるーっと続いていて、不思議な景色。
そして、中岳火口へ。阿蘇山が生きている証拠を観察・・・するはずが。
火口登り口の駐車場で、足止めをくらっちゃいました。火山ガス発生中のため、通行規制だって。えー、火山研究のメインの場所なのに!
もう見れないのかな~と思って、売店のおばちゃんに聞いたら「さっき、通行止めになったのよ。風向きが変わったから。」とのこと。
「じゃ、また行けるようになるんですかっ?」と聞くと、「風向きが変わればね。」
というわけで、アイスを食べながら、しばし休憩。そしたら、アナウンスが流れて、通行できるようになりましたと♪
急いで車に乗り込み、さっきは閉まっていた門をくぐり、火口へ。
火口の近くは、火山ガスが出ていて、息苦しい。げほげほ咳き込みながら、火口を観察しました。火口は、白い煙が出ていて、底は青いのね。
写真とか撮っていたら、係のおっちゃんが、「はーい。おりてくださーい。規制になりましたー。」と叫んでて、みんな、おろされちゃった。
見れてよかったーーー☆

それから草千里で、あねまめ乗馬体験。
火山博物館を見学して(まめっちが、「恐竜おるん?」と言っていたのが、おもしろかった。「博物館」=「恐竜」と思ってるのね/笑)、湯布院の宿へ移動。

温泉は、気持ちいいね~~~~~♪
内風呂付きの宿だったので、ゆっくり入れました。もちろん、露天風呂にも入って、満足。
翌朝は、湯布院散策。
かわいいお店がいっぱいあって、たのしいね~。
お天気はよくて、めちゃくちゃ暑かった。そのくせ、由布岳のてっぺんは、雲に隠れてて、見えませんでした(T_T)

そして、別府へ移動して、地獄巡り。
いや、もう、暑いのなんの。まさに地獄(笑)
地獄巡りなんて、10年以上行ってないけど、たしか前のときもすごーく暑かった記憶が。さすが地獄(笑)
でも、何カ所か、地獄の中に足湯が出来てて、気持ちよかった。

そして、地獄から生還してきました。ただいまー。
[PR]
by amemoon | 2006-08-08 14:06 |
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon