<今年のめあて>しんから あったまろう   
by 雨月
<   2006年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧
| |
|
2006年 10月 28日 | |
うん、世界史の授業は受けた記憶があるぞ、私は。
でもさ、別に受けんでもいいやんねぇ、もう。来年からちゃんと授業すればぁ?
別に世界史知らなくても生きて行けるさ。

歴史はわりと好きなんやけど、世界史はさー、地名だか人名だかの区別がつきにくいから、ヤダ(ゼンブ、カタカナダカラー)★
ちなみに日本史は、1600年までなら好き(謎。

私は商業高校だったので、普通科目というのが少なかった。
英語の、グラマーだとかリーダーだとかってなんのこと?状態。英語は、英語だし。
世界史とか日本史とか地理とかも、社会だし。
そのかわり、情報処理とか簿記とか商業経済とか計算(珠算)とか、総合実践とか、あったぞ。
そういえば、簿記3級・珠算3級とらんと卒業できんのじゃなかったっけ。

簿記は、教師が大嫌いだったので、簿記も大嫌い。
ま、社会に出たら、簿記は役に立つけどねぇ。
前の職場で、後輩に帳簿のつけかたを教えていて、後輩から「だいたい、簿記って、なんすか?借方、貸方って、なんすか???」と聞かれて、「えっと・・・簿記は・・・簿記。」と答えた私です。答えになってねー。

そういや、今の職場に就職してすぐ、上司から「電卓は使えるんですか?」と聞かれて、はっ?電卓???使えない人っているの?どーゆーこと???と思ったら、履歴書に珠算2級とか書いてるから、そろばんじゃないとダメかと思ったらしい。
すみません。。。そろばん、もう使えません(ぉぃ。
(2級っつったって、所詮、高校の検定の2級だしさ。)

一応、情報処理科を卒業したわけですが、卒業しても流れ図ひとつかけないっつーのは授業に問題があったとおおいに思う。
ソフトウェア会社に就職して3ヶ月、2コ上の先輩から研修受けたら、流れ図なんて書けてトーゼン。あの高校3年間はなんだったんだ。
ま、業務では、流れ図なんて使わず、構造図ってもんを書いてましたけどね。

というわけで、そんなんでもやっていけてるので、現役高校3年生もこのまま卒業させてやればいいのになぁと思ったわけでした。


あねっちのクラスは4月から、「百人一首に挑戦!」という目標を掲げてやっているようで、先日、百人一首のテストがありました。
上から10首、1首につき5箇所の虫くい問題になっていて、合計50個。1問2点の100点満点中、あねっちの点数は・・・・・24点(>_<)

早い話が、上から2首しか覚えてなーい。あとは、テキトーに書いたとこのまぐれあたりが2個?(笑)

・おく ( 谷 ) に   もみじ ふみ ( ふみ )  なく ( 鳥 ) の

って、おしいけど、全然違うしさ(^_^;)
半分以上、テキトーにもうめられず、まっしろけっけ~。

ほかの子たちも、結構同じような感じだったようで、来週同じテストをもう一度やるそうな。
で、親子で特訓して覚えましたよ♪
さあ、これで、10首はカンペキだねっ(^_^)v
100首・・・覚えられるかなぁ・・・。

ま、これは、履修の範囲外ですけどねん。
[PR]
by amemoon | 2006-10-28 00:27 |
2006年 10月 22日 | |
あー・・・寝てしまった・・・。

21日、表彰式に行ってまいりました(^_^)/
そーです、そーです、例の作文w

なんか、ちーさな親切運動の作文コンクールだったようで、表彰式の案内状の差出人は、某デパートの社長室になっていた。親切運動の事務局があるらしい。
表彰式の場所は、某デパート関係のビルにあるホール。
3人で行ってみると、結構人が多くて、300人近くいる・・・。
賞状もらって終わりかと軽い気持ちで行ったら、なにやら、親切運動の市の本部大会とやらで、2時間もあるらしい・・・。
受付でプログラム&粗品(石鹸とコスモスの種。わーい♪)を3人分もいただき、会場に入ると、あねっちの席は指定されていたので、私とまめっちは、うしろのほうの一般席へ。

プログラムを見てびっくり、市長の講演会まである・・・。
で、表彰される人(親切なことをした人が数名と、作文コンクール入選者)などが書いてあるけど、作文コンクールについては、最優秀賞と特別賞の3人だけの名前と作文はしっかり載っているが、その他の入選者の名前すら載っていない。

これじゃ、何人くらい入選したのかもわからないぜ。市長のプロフィールとか、いらんからさ(コラ。
と思い、係の人をつかまえて、「あの、ほかに表彰される人の名前とかがわかるもの、ありませんか?」と聞いてみた。
そしたら、ちょっと待ってくださいと、忙しそうなおにーさん、しばらくして女性の方が現れて、「すみません、プログラムを印刷したあとに、載ってないって気づいて・・・。係りの者が持ってる一覧表はあるんですが、それをお渡しすると係りの者が困るので・・・。」
「じゃあ、ないってことですね。わかりました。すみません。」

ちぇ。ちーさな不親切ぅ(コラマテ。

と、日記のネタにしてやろう(ォィ)などと考えつつ、市長の講演30分をなんとか、まめっちと乗り越え、表彰式にうつると、入選者一覧表のプリントが、会場の全員に緊急配布されました。
わお、さすが、ちーさな親切っ!(ォィォィ。

小学校の部では、応募総数416点で、最優秀賞1名、優秀賞15名、佳作15名でした。
あねっちの学校からは、2名が入選。4年生の隣のクラスの女の子がもうひとり、優秀賞でした。
ひとりずつ賞状と賞品(図書カード2千円分♪)をいただき、最優秀賞と特別賞の合計3人の作文の朗読を聞いて、終わりました。
おつかれさまっ。

表彰式前に、ミスドで昼食。親戚からいただいたミスド商品券があったからー。飲茶のチャーハン、美味しいよね。
それから、某デパートのナルミヤ系ショップ&ディズニーストアで、あねまめがそれぞれ雑貨を購入。
先日、お友達からいただいた商品券を使わせていただきましたm(__)mありがとーーー!

表彰式後に、ブックセンターで、あねまめの本を購入。(あねっち、漫画かよっ。まめっちは、日本むかし話が101話載ってる本。寝る前に、1話ずつ読むの。)早速いただいた図書カード大活躍w
それから、お城の横のショッピングモールに移動し、ポイントカードのポイントがたまってて500円分の金券がもらえたので、キディランドで雑貨を1つずつ購入。

はー、なんか、いろいろ買い物しちゃったわー。(商品券、大活躍!の日。)

帰りのバスの中で。

あねっち 「今日は、いっぱい買い物して、楽しかったねー。」

わたし 「よかったねぇ。ママは、リラックマのボールペン1個やけどね・・・。」

まめっち 「まめっちちゃんのタオル、1個、ママにあげるー。」

わたし 「ありがとー。いいよ、気持ちだけ、もらっとく。」

あねっち 「んじゃ、あたしも、気持ちだけあげるー。」

・・・・・コノヤロ★
[PR]
by amemoon | 2006-10-22 02:49 |
2006年 10月 19日 | |
今回、見たいドラマがいろいろあって、とりあえず1回目がだいたい終わったようなので、感想メモなど。

(月)のだめカンタービレ・・・・・原作未読なんですが、たぶん原作に近いんだろーなーと思わせる演出。ウォーターボーイズとスウィングガールズを合わせてパワーアップさせたようなドラマだね。いかにもフジテレビ。ま、漫画を見てるみたいで面白いと思います。

(水)14才の母・・・・・娘をもつ母としては、見ていてキッツイ。ま、実際、ありえない話でもないんでしょうしねぇ。ただ、万引きはいかん。それと、昨日の診察のシーンは物足りなかったかも。内診って、そーとー緊張したぞ、私は。初めて内診したの、妊娠8ヶ月だけど(ぇ)。きれい事だけじゃなくて、もっとリアルなドラマにして欲しい、どうせなら。万引きも謝りに行くよーに☆

(木)嫌われ松子の一生・・・・・映画を観て大爆笑したのでドラマも見てみたけど、随分カラーが違うので戸惑ってます。え?ドラマのほうが原作に近いの?映画は特殊だったのねー。中谷美紀のあの顔はすごいと思ったんだけどなぁ。ま、とりあえず見てみよう。

(金)セーラー服と機関銃・・・・・我が家ではまさみちゃんは人気なのです。堤真一、カッコイイしー。思ったより軽い感じのドラマだったけど、面白いかも。「細かすぎて伝わらないモノマネ」に出ている青いジャージの野球のモノマネの人が出ていたのがウケた(笑)

(土)たったひとつの恋・・・・・なんじゃ、こりゃ。日本版タイタニックかなんか?亀はキムタクを目指しているのでしょうか。見なくていいや、もう。


そんなとこでしょーか。あと、NHK朝ドラは、面白いね~。笑って泣いて、前回とはまったく違う爽やかな気持ちで見れます。
[PR]
by amemoon | 2006-10-19 14:21 |
2006年 10月 18日 | |
お風呂で、まめっちに「今日は保育所でなにしたん?」と聞いてみた。

まめっち 「ケンカした。ケンカごっこ。棒を2本もって、たたきあいこするんよ。先生がしなさいって言ったんよ。」

わたし 「ほーーーう。んじゃ、明日先生に、「なんでそんな危ない遊びをするんですかっ」っち聞いてみよーっと。」

まめっち 「だーめーーー。」

わたし 「ウソをつきませんっ。」(怒った顔)

まめっち 「かわいいウソやん。」

・・・かわいくないわっっっ!




あねっちの視力が落ちていっているので、先日おばあちゃんに眼科に連れて行ってもらった。
右0.5 左0.7でした・・・。
とりあえず、寝る前に、ミドリンという目薬をさして、朝はティアバランスという目薬をさすことになった。

のはいいんだけどさ、ミドリンのキャップが黄色で、ティアバランスのキャップが緑色なのは、とっても間違えやすい(笑)
なんでミドリンが緑じゃないのさ。
[PR]
by amemoon | 2006-10-18 13:58 |
2006年 10月 17日 | |

イジメにあっている子ってのは、親に心配かけたくないからって、イジメられていることを隠そうとするみたいだけど

『んなもん遠慮せんで、がんがん心配かけろ』

と言いたい。

死ぬほど行きたくない学校なんて、行かなくていいからさー。
[PR]
by amemoon | 2006-10-17 23:44 |
2006年 10月 10日 | |
10月9日。

うん、今年も、よい天気でした。

10年前と同じ♪
[PR]
by amemoon | 2006-10-10 13:30 |
2006年 10月 08日 | |
連休初日の7日は、まめっち運動会でしたー。
保育所の運動会は、午前中で終わるので、ラクチン♪
今年は役員をやっているので、用具を運んだりと、ちょっと忙しかったけど、それはそれでなんか楽しかった。

一応、まめっちの結果など。
かけっこは、3人で走って、ぎりぎり1着。
年中さん、年長さん合同の玉入れでは、まめっちたち赤組の勝利~。
体育サーキットという、障害物披露(?)では、鉄棒で前回りして、斜めの棒を這いつくばって、よいしょと登ってジャンプで飛び降りて、ケンケンパ。
まめっち、速過ぎてビデオやら写真やらが撮れないので、ゆっくりお願いします(笑)
親子の種目では、木にはりついている折り紙のセミを、こどもを抱えて取らせてあげて、親は網でゲット。まめっち、重いのに肩車を強制。母、よろめく(^_^;)
年少さん、年中さん、年長さん全員による紅白リレーでは、接戦のすえ、引き分け!
リレーで引き分けって、なかなかないよねー。赤がずっとリードしてて、途中で白が追い上げてきて追い抜いて、そしてまた赤が追いつき、同時にゴール。見ごたえありました。
その他もろもろ、お天気もよくて涼しくて、楽しい運動会になりました。

夜、寝るときのまめっちさん。

わたし 「今日は運動会がんばったねー。」

まめっち 「んー、でもさ、(リレーの)引き分けは、いらんかったね。」

あくまでも勝ちにこだわる、まめっちでした(笑)
負けず嫌いなんだからー、うちの子は☆
[PR]
by amemoon | 2006-10-08 01:07 |
2006年 10月 04日 | |
あねっちにはAちゃんという友達がいる。
転校してきていちばん最初に声をかけてくれた子で、あねっちとは性格も趣味も似ていて気が合って、朝も一緒に登校し、休みの日も一緒に図書館に行ったりする。
でも、あねっちも気が強いが、Aちゃんはその上をいくようで、よくケンカもする。
もうひとりBちゃんという子を含めた、よくある「女3人」の人間関係のトラブルもある。
日々のトラブルは、4年生になったくらいから問題化していて、それは先生も嫌というほどわかっていらっしゃって、個人面談のときにも「人間関係がねぇ・・・。」とおっしゃっていた。
先生が言うには、簡単に言えばAちゃんとBちゃんで、あねっちの取り合いになっているようだと。(中身はいろいろ複雑だけどね。)
AちゃんBちゃんは、お母さん同士が仲良しということもあり、ほんとに複雑。

で、Aちゃんの話に戻すけど。
Aちゃんは、成績もよくて、ハキハキしてて、自らすすんでクラスのリーダーになりたいタイプ。いや、ならなければ気がすまないタイプ★
ご存知のとおり、あねっちも同じようなタイプだったりしますが(^_^;)

4年生になってすぐ、クラスから代表委員2名を決めることになり、立候補した2人・・・。
女子2人というのもアリだったようだが、やっぱり男女ひとりずつのほうがよかろうと、投票で決めることになり、選ばれたのは、あねっち。
そしたら、それからしばらく、Aちゃんから無視されたあねっち。

夏休みの自由研究では、Aちゃんのものが選ばれて、区の作品展に展示されていました。(ほかにもいたけどね。)悔しがるあねっち。(でも無視したりしない大人なあねっち。)

夏休みに地域のボランティア活動(4~6年対象)に参加したのは、4年生女子では、あねっちとAちゃんだけ。なんにでも意欲的に取り組む似たもの同士なふたりです。

そのボランティア活動で、最後に作文を書いていて、夏休みが終わってから、ふたりの作文を先生から言われて清書したとのこと。コンクールに出してくれたようです。

そして今日。
先生が、ある手紙をあねっちにくれました。
それは、その作文がコンクールで優秀賞に選ばれたので、主催者からの「表彰式に来てください」という連絡と出欠のハガキ。
先生は、あねっちにこっそりと「あねっちちゃんだけだから、みんなにはナイショね」と言って、手渡してくれたらしい。

・・・なんで、ナイショ?

先生の気持ちも、わからないでもない。負けず嫌いのAちゃんのことだから、自分のではなくあねっちのが選ばれたとなると、またあねっちを無視したりする可能性がある。
あねっちが言うには、「絶対すると思う」そうだ。
先生としても、新たなトラブルを起こしたくないんだろう。
それでもさ、賞をとったことをみんなにはナイショって・・・どうよ?
こんな、悪いことしたみたいにこっそり渡されたって、うれしくないよー。
「どうして内緒なのでしょうか?」と連絡帳に書きたい(気が強い)母ですが、おばあちゃんが「まあまあ、いいやん、そこまでせんでも。先生に会ったときに聞いてみれば?」というので、今回は抑えようと思います。
納得できんけど。ムキーっ!

だから、ここで大きな声で言わせてもらおう。

優秀賞、とったどー!!! (古っ
[PR]
by amemoon | 2006-10-04 22:23 |
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon