<今年のめあて>しんから あったまろう   
by 雨月
2008年 04月 09日 ( 1 )
| |
|
2008年 04月 09日 | |
伊坂幸太郎「ゴールデンスランバー」が、本屋大賞に!やったぁー♪

2004年の第1回本屋大賞のときには、「アヒルと鴨のコインロッカー」で3位&「重力ピエロ」で5位。
(1位は、小川洋子「博士の愛した数式」)

2005年の第2回本屋大賞のときには、「チルドレン」で5位。
(1位は、恩田陸「夜のピクニック」)

2006年の第3回本屋大賞のときには、「死神の精度」で3位&「魔王」で11位。
(1位は、リリー・フランキー「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」)

2007年の第4回本屋大賞のときには、「終末のフール」で4位。
(1位は、佐藤多佳子「一瞬の風になれ」)

そして、2008年に「ゴールデンスランバー」で、とうとう1位ですよ~♪
図書館の予約待ちも文庫化も待ちきれなくて、ハードカバー買っちゃったもんね、これ。
伊坂作品は、もう我慢できん(笑)
ってことで、これも映画化(又はドラマ化)決定かねぇ?(過去の1位の作品はすべて、映画化かドラマ化されてます。)

今、「死神の精度」を読んでます。2回目だけど。文庫が出てたので。
映画も観に行きたいけど、行けないかな~という感じ。残念。

でも、伊坂さんは、文章が面白いんだから、いくら映像化しても無理って気がするけどねー。
あと「重力ピエロ」と「フィッシュストーリー」も映画化されるようで・・・。
個人的は、「ラッシュライフ」と「グラスホッパー」が好きなんですが、映像化は無理?(エグすぎて・・・。)

今度は直木賞をぜひ!
[PR]
by amemoon | 2008-04-09 14:46 |
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon